分割払いとリボ払いの違いとは

はてなのイラスト返済方法において、一括払いが無理であるなら、分割払いかリボ払いのどちらかを選ぶことになります。
 
しかしながら、分割払いもリボ払いも、どちらも長期的な期間でもって、少しずつお金を返済していくスタイルであり、非常に似通ったものです。
 
そのため、人によっては違いが分からず、どちらを選べば良いか判断がつかないということもありえます。
 
そこで今回は、分割払いとリボ払いの違いについて説明したいと思います。
 
分割払いとリボ払いの違いは何なのかというと、それは返済金額が一定であるかどうかです。
 
分割払いは、基本として最終的な返済額に利息を付け加えた上で、何回にも分割して支払っていくというスタイルです。
 
そしてまた、金額によっては割り切れない場合がありますし、また新しくお金を借りたり、期間が伸びたりすれば、新しく分割金の計算をし直すことになるので、返済金が変動することになります。
 
対してリボ払いはというと、この方法は最終的な返済金も利息も置いておいて、とにかく一定額の返済金を返していくという方法になります。
 
そんなリボ払いは、たとえ新しく融資金を借りたり、返済期間が伸びて利息が増えたとしても、返済額が一定であることを基本としているため、決して金額が変動することがないのです。
 
このように、分割払いとリボ払いは、長期的な返済方法であり、また返済を数回に分けて行うという点も共通していますが、それ以外の点は全く異なるものとなっているのです。

このページの先頭へ