免許証だけでお金を借りる > キャッシングの基礎的な知識 > キャッシング関連の法律について

キャッシング関連の法律について

p-14法社会である日本では、何事においても法律が関わっています。
一見、法律と何の関係もなさそうな事柄であっても、実はそれに関わる法律があったりするため、法律について知ることは、日常において意外と役に立つのです。
 
もちろん、別に法律に詳しくなる必要はありません。
世の中には弁護士や行政書士のような法律の専門家がいるため、必要に応じて頼ればいいわけであり、法律を知らなくても基本的には問題はありません。
ともあれ、知っておけば何が違法なのかが分かるため、知らずに違法行為に走る危険性が軽減しますし、また違法行為で人から騙されることを防ぐこともできます。
 
たとえば、キャッシングサービスのような融資サービスでは、出資法や利息制限法や賃金業規制法が関わってくることが多いです。
特に賃金業規制法の43条はキャッシングにおいて非常に重要な法律なため、知っておいて損はありません。
 
具体的な内容としては、簡単に言えば契約者の同意が得られたなら、利息制限法を遵守する必要がないという法律になります。
利息制限法とは融資サービスにおける利息の上限の規定であり、キャッシングサービスをはじめとした融資サービスは、その利息制限法の範囲内で利息を設定することになっています。
 

このページの先頭へ