免許証だけでお金を借りる > キャッシングの基礎的な知識 > キャッシングとローンはどう違うのか

キャッシングとローンはどう違うのか

ローンサービスは融資サービスにおける代表的なサービスです。
実際、ローンサービスには様々な種類があり、様々な用途に対応しているため、その利便性は非常に高く、お金を借りたいのであればおすすめのサービスだと言えます。
 
とりわけ、大口融資にも対応していることから、大金を借りやすいという利点もあるため、ビジネス関連でもよく利用されています。
そんな利便性が高く、対応金額も高いローンサービスですが、最近は同じ融資サービスであるキャッシングサービスに人気を取られている傾向があります。
 
はたして、ローンサービスとキャッシングサービスにどのような違いがあるのかというと、一番大きいのは大口融資か小口融資かの違いです。
 
前述したようにローンサービス大口融資向けであり、起業などに利用されやすい融資サービスです。
 
対してキャッシングはというと、小口融資のサービスであり、起業などに使えなくはないですが、ローンと比べると有効性は低いです。
反面、個人で使うのであれば、ローンだと金額が大きすぎて使いづらかったりしますが、キャッシングなら丁度良いぐらいのサービスとなっています。
ただし、最近はサービスの多様化が進んでいるため、大口融資や小口融資の原則が当てはまらなくなってきているため、サービスや業者によってはほとんど違いがないということもあります。
 
実際、小口融資のローンも最近は増えていますし、逆に大口融資に対応したキャッシングだって無くはないです。
そのため、基本的には違うものなのですが、ごく一部は同一と言っても良いぐらい差がない場合もあったりして、別々に分ける必要がないこともあるのです。

このページの先頭へ